スロット過去最大の下ぶれ 100万欠損の詳細・期待値は収束しないからな

毎回下ぶれ幅の最大幅を更新する度に記事にしていますが

今回は額が額なだけに少し細かく書いています。

今後の稼動の参考にしていただければ。

-----sponsored link-----

打った「台数」詳細

期待値 台当たり
勝ち台数 282 勝率 36 3742431 13271
負け台数 508 負率 64 3163959 6228
合計 790 578472
1台辺り収支 732円

台別収支(15台以上稼動)

機種 収支 台数 平均
凱旋 69863 145 482
サラ番 81620 38 2148
バジリスク絆 18125 63 288
エヴァ勝利 130564 25 5223
黄門ちゃま -2320 19 -122
ハーデス -339764 22 -15444

期待値と実収支グラフ

まずが実収支のみグラフがコチラ
台数も台数なだけに右肩上がりです。
実

次に期待値を入れたのがコチラ
実際には1台あたり2200円でしたが
2000円で表示しています。
差

比較する為に去年の終わりらへんを
同じ台数でまとめたグラフがコチラです。
(期待値的にも変わらない時期です)

無題

収支分布

収支額別に割合を出して見ました。

範囲(万) 台数 比率 7万〜 4万〜 1万〜
10 2 0.25% 1.00% 2.80% 6.84%
9 3 0.38%
8 1 0.13%
7 2 0.25%
6 0 0.00%
5 4 0.51%
4 6 0.76%
3 16 2.03%
2 20 2.53%
1 47 5.95%
0 586 74.18%
-1 67 8.48%
-2 26 3.29%
-3 10 1.27%

こちらが去年の同じ台数です。

範囲(万) 台数 比率 7万〜 4万〜 1万〜
10 2 0.25% 1.00% 3.04% 14.05%
9 2 0.25%
8 1 0.13%
7 3 0.38%
6 3 0.38%
5 5 0.63%
4 8 1.01%
3 11 1.39%
2 23 2.91%
1 53 6.71%
0 614 77.72%
-1 49 6.20%
-2 12 1.52%
-3 4 0.51%

比較の為に並べて見ました。

分布 欠損 去年
7万〜 1.00% 1.00%
4万〜 2.80% 3.04%
1万〜 6.84% 14.05%
-9999〜9999 74.18% 77.72%
〜-1万 13.04% 8.23%

差が大きく見られるのが1万〜と〜ー1万の割合ですね。

そこで、その部分の台数を比べてみたいと思います。

範囲(万) 欠損 去年
4 6 8
3 16 11
2 20 23
1 47 53
-1 67 49
-2 26 12
-3 10 4

明らかに出ていない事が分かりますね。

4万以上と7万以上の割合は以前の記事にも上げているので
殆ど差が見られないので恐らくこの割合に納まるのかな?

話は逸れるけど期待値は収束しない

ちょっと勘違いしている方もいるかも知れないので
一応こちらでも書きますが期待値は収束する訳ではありません

プラスを打ち続ければ当然プラスになりますが
人間の生きる人生(スロットを打ち続ける年数)で
上の人と下の人ではかなりの差がでます。

そこで分かりやすいものを容易しました。

まずはこちらをご覧ください。

このグラフは期待値を2000円とし13人が
5200台を消化したときのグラフです。
無題

シミュレーション条件が気になる人はコチラを
無題

5200台というのは仮に月200台こなしても
26ヶ月(2年と2ヶ月)掛かります。

その年月でこれだけの差が生まれます。

台数 5207 平均
一番勝った人 10339400 1986
一番下の人 7097600 1363
差額 3241800 623

これは収支の差の額では無く収益の差で言えば約31%下回っています

どこかの記事で読んだのですが(探したけど見つからない・・・。)

スロット10年で期待値の上下の差は
約10%(レンジで20%)程度になるとの事です。

これは1億稼げる人もいれば8000万で終わる人も
居ると言うことです。

つまり人の生きられる人生で収束はありえません。

まとめ

そんな事より焼肉食べたい

ランキングに参加しています
押すと沢山の人を落とせます
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す


Optionally add an image (JPEG only)