打ち子さんを見て気がついた意外と気が付かないスランプグラフからの宵越し

モンハンをやる方は是非コチラへ^^
無題 (1)

店舗によっては出玉の表示が無くスランプグラフのみ

見れる仕様や100ゲーム以内で連チャンしてしまうと

出玉が確認出来ないデータカウンタが存在します。

しかし少し工夫をすれば判断可能です。

最近では打ち子さんも自分から見れるようになりましたが
最初の頃は結構見逃していた可能性が高いようです。

-----sponsored link-----

サンプル・マジカルハロウィン5

マジカルハロウィンと言えば今では貴重なエナ機の1台

レギュラーさえ挟めば攻めどころが増えるため判断は重要です。

例えばこの様なグラフが存在しているとします。

*履歴はBIG・BIG(REGもBIGで表示)
%e7%84%a1%e9%a1%8c

青で囲んだ所は出玉が存在するので
ボーナスで出玉を得たことが分かります。

しかしこれでは判断に困ると思います。

それではこれならどうでしょう。

*前日のスランプグラフで同様にBIG2回
%e7%84%a1%e9%a1%8c

前日のスランプグラフも同様にボーナスが2回です。

ここで注目してもらいたいのがグラフの上がり方です。

青で囲った部分がボーナスですが上がり方が違うのが分かると思います。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

これさえ分かれば前日よりも出玉の少ない当日は
レギュラーが2回だと判断出来ます。

ではこの様な場合はどうでしょう。

*ARTは非当選。
*ボーナスが4回付いています。
*ボーナスが100ゲーム以内当選なので払い出し枚数履歴は見れません。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

これも一部のデータカウンタでは判別が可能です。

そのタイプと言うのはこのパターンです。

差枚が分かるタイプもしくは表示に線があるタイプ
%e7%84%a1%e9%a1%8c

一番上に1000枚の表示があるので
真ん中の仕切られた線は500枚表示なのが分かります。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

ここでマジカルハロウィンので出玉はというと

BIG=約150枚
REG=約50枚

ですので仮にBIG4回だとすると600枚なので
グラフの枚数とほぼ同じになります

勿論1G連で無ければ出玉は確実に減る事から
REGが0回なのは確実です。

この様にスランプグラフが見れる様になると
普段は厳しい店でも稼働出来る台が
いくつか存在する場合があります。

このようなデータカウンタ以外でも普段マイホで
稼働している時にどういうデータが見れるか等を是非見てみましょう。

まとめ

分かりにくいデータカウンタ程チャンス

スポンサードリンク

負けて欲しいと思っている奴はポチッ

2 comments to this article

  1. on 2016年11月10日 at 11:04 AM - 返信

    ド田舎のホールでしか使えない技ですねW

    • A-K

      on 2016年11月11日 at 11:06 AM - 返信

      あさんこんばんは^^

      地元だと結構有効な技ですwww

コメントを残す


Optionally add an image (JPEG only)