都会や郊外で設定狙いをする場合には必ず候補台の予想と閉店チェックを行おう

田舎等と違い都会や郊外では
イベントの強弱はありますが
毎日の様に設定狙いを行う事が可能です。

そこで重要なのが行かない店舗です。

-----sponsored link-----

候補台の予想を立てる

まず前日の段階で設定狙いが出来る店舗を
可能な限りピックアップしておきます。

この時、出来る限りイベントの内容を
把握出来ている店舗に絞ります。
(2機種全や末尾等)

予想を立てる

次にその店舗で実際に入るであろう
機種の予想を立てます。

・どの機種に入るのか
・どの台番に入るのか
・どの場所に入るのか

細かい予想が出来る場合には
しておいて損はありません。
予想をする場合には具体的
何故入ると予想したのかも
メモしておきましょう。

注意点としては設定56以上にし
設定4は一切予想しないで下さい。

この時、予想を立てるのは
出来ればデータロボ等で
確認が可能もしくは設定の発表を
してくれる店にしてください。

特に発表をしてくれる店は
最優先で予想を立てるようにしましょう。

予想するのは●機種まで

予想する台候補(機種)は最大でも4機種
出来れば3機種の予想をしてください
勿論少ない分には問題ありません。

台番や場所の場合には上記よりも
予想が多くなっても問題ありません。

何故3機種なのか?

これには理由があります。

まず第1に「抽選番号や並びの多さ」
これが影響してきます。

第1候補というのは
ある程度決まりやすいです。

しかし実際には抽選で負けたり
前の並びが全てその機種に
向かう等も十分に有り得ます。

その場合には第2候補以降の台に
座る可能性というのも
非常に高くなります。

予想を立てたら閉店チェック

発表してくれる店舗は遅れて発表なども
ありますので必ずチェックを
するようにしましょう。

データロボ等で確認出来る場合には
必ず閉店時にチェックもしくは
翌朝にデータの確認をしましょう。

予想の当否

予想が当たっていたのかどうかを
予想台数と実際に入っていた台数で割ります。

この予想の結果で1/3以上で
当たっている場合には次回から
使える店舗になります。

4台予想で1/4で当たっている
場合には注意が必要です。

1/4以上の場合の注意点

この1/4というのは結構厳しいラインで
通常の設定狙いで4回に1回しかツモれない場合には
ハイエナより収支が落ちる原因になります。

しかし予想台に115%以上の機種が
該当している場合にはハイエナと
同じラインに持っていく事が可能です。

勿論119%が該当している場合には
全然アリになりますが他の機種が
110%の場合には下回る場合があります。

繰り返してデータ(予想)取り

データを取るのが一番良いのですが
最も重要なのは予想する行動です。

この予想する部分に根拠が発生していれば
データもおのずと付いてきます。

そうするとその日に本当はどの店に
行けば良かったのかが明確になります。

まとめ

設定狙いはスロットで
一番収支を稼げる部分です。

しかし手順を間違えると
マイナスの収支で終わる事や
ハイエナの収支を下回る事も
十分有り得ますので注意が必要です。

田舎と違い毎日予想が可能なので
ゲーム感覚でも構いませんで
やってみてください。

ランキングに参加しています
押すと沢山の人を落とせます
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す


Optionally add an image (JPEG only)