9月1発目の稼動 稼動内容なんかどうでも良い1日 新規エナをハメてみた

あっ勝ちましたよ(唐突

-----sponsored link-----

稼働

朝一から腹痛が止まらない。

そう私は今トイレからお届けしている。

ちなみにノックされてるが残念ながら
腹痛ですぐには出れない。

本当にすまないと思っている。

何とか体に残る全ての異物を出し切り
非常に清々しい気持ちになった。

恐らく1kgは軽くなったであろう体は
軽やかに動き恐らく常人の目には止まらない速度だろう。

扉を開けると一人の大柄な男性が
身をよだねている。

ハッキリ言うが気持ち悪い

なぜそんなにクネクネしているのか

男性は急いでトイレ内に消えていった。

その速度は軽くなって常人を凌駕する私より
早く・軽やか・更にしなやかさまで持っていた。

さてこの時、入店2分前だがその男性は無事なのだろうか

気が気でならない。

そんな事は2秒で忘れていざ入店である。

じっちゃんばっちゃんの荒波に揉まれ
目的の台までが霞んで見える

無事に目的の台に辿り着くまでに1分

恐らくトイレの男性は無我の境地に達しているに違いない

そしていよいよ賭博の始まりである。

この日は朝一が特に何もないせいか

ライバルの姿も皆無である。

そんな中、若者2人組みが登場する。

開店から10分経過したが何も打つ気配が無い。

そう、これがハイエナという輩だ。

なぜこんなハイエナばかりする輩が居るんだ・・・。

私は絶対にハイエナなんてしない・・・。

何がいいんだ・・・。

そんな事は微塵にも思った事は無いわけだが

さてこの若者の1人が私の台の後ろを通る度に

コッチを覗いている。

台に反射して見えるので直ぐに分かる。

たまに映るオッサンが誰なのか分からないが

イケメンでは無い。

ブラックアウトする度に映るそのオッサン

常に目が合うオッサン

ハッキリ言って不愉快極まりない。

恐らく守護霊の類なのだろう

今日も私を見守ってくれてありがとう。

さて肝心の若者だが、余りに露骨な為

暇つぶしをかねて辞めますアピールをしてみる。

まずは若者が通路の一番端に行った事を確認し

カードを抜き即座に立ち上がる。

それに気がついたのか若者の歩行が早くなる。

期待に胸高鳴る若者

気持ちとは裏腹に早まる鼓動。

歩行はいつしか疾走に。

そして着席する私。

男性は何事も無かったかの様に通過する。

ハッキリ言おう

(楽しい)

その後も若者は私が止めると思っているのか
何度も後ろをウロウロする。

余りにも可哀想なのでカードを抜くボタンを
押す動きだけしてみたが真後ろに居る為
反応が見れず面白く無いので辞めた

残念な事にこの若者はバジリスク絆に着席してしまった。

そしてここで登場したのが朝のトイレの男性である。

特に何もない。

収支一覧

+22560

まとめ

カードの抜き差し楽しい

 

ランキングに参加しています
押すと沢山の人を落とせます
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す


Optionally add an image (JPEG only)